ようこそゲストさん
ログイン

■2001/12/11(火)運命の人~再会編~!の巻

■2001/12/11(火)運命の人~再会編~!の巻

さよならは別れの言葉ではない。
また逢う日までの遠い約束です。

夕方、Y恵に逢う為に渋谷に向かう。

いつもの場所で待ち合わせ。
ファーコートを着た彼女がやってくる。

俺「元気だったか?」
Y「サンジも元気?」

7月に逢ってから半年ぶりの再会。
また逢えるなんて夢のようだった。

一緒にパスタを食べる事にした。

俺は【メンズセット】で
Y恵は【レディースセット】を注文。

注文を待ってる間に袋を手渡された。

Y「ハイ!これ!」

俺「何?これ?」

Y「クリスマスプレゼント♪」

俺「何でだよ!こんな事するなよ!」

Y「当日は一緒にいれないでしょ?」

俺「当たり前だろ!」

Y「だから今日渡そうと思ったの…」

俺「…ありがとう」

プレゼントの中身はCDだった。
コンピレーションkheer。

クリスマスプレゼント用のCD♪



頭の中のモンスターが育って行く。
絶対に逃げられないように…

俺の首の【鎖】を締めつける!



食事も終わって喫茶店に行きコーヒーを飲む。

毎年開催してる“Y恵主催”の
【クリスマスパーティー】の話しになった。

友達も皆、結婚して集まりも悪く
パーティーも今年で最後にするそうだ。

俺「今の彼氏と結婚するの?」

Y「まだしないよ?私て結婚願望無いし~」

俺「嘘をつけ!」

Y「親の為には結婚するかもしれないけど…」

俺「けど?」

Y「自分の為なら結婚しなくても平気よ?」

俺「あんだけ結婚願望強かったのにな?」

Y「ふふ」

俺「俺のあげた指輪はまだ持ってるの?」

Y「大切にしてますわ♪」

Y恵も来年で30歳になる…
子宮内膜病が発病する年齢…

Y「私も歳だしね?」

俺「そんな関係ねぇて!」

Y「サンジがどんな女性を選ぶのか楽しみだわ?」

俺「結局はY恵が1番だったけどな?」

Y「こんな女のどこがいいんんでしょう?」

俺「さぁ~運命なんじゃん?」

Y「ふふふふ」
俺「はははは」

Y「君と離れる事はないから心配しないでね?」

俺「おう!心の扉はY恵専用に開いとくから…」

Y「うん♪」

俺「いつでも尋ねてきな?結婚してても関係ないから!」

Y「大人になったんだね?サンジ…」

俺「形を求めてもしょうがないだろ?難しい関係だしな?」

Y「ま~ね♪」

俺「もう逢えないかと思ったよ…」

Y「でもちゃんと逢えたでしょ?」

俺「まぁ信じてたけど…」

Y「ずっと一緒だから…」

しばらく見つめ合っていた…
出会ったばかりの頃と同じように…

喫茶店を出て駅に向かう2人。
改札口で別れる瞬間…俺はY恵にキスをする。

Y「顔が嫌がってたでしょ?」

俺「じゃ~何で笑顔なんだよ!」

笑顔で別れた…涙がこぼれないように。

俺「またな?」

Y「またね?」

さよならは別れの言葉ではない。
また逢う日までの遠い約束です。

新宿でムズとミル吉と合流。

ムズが一言…

ム「いいんじゃん?ドロ沼で進もうよ?」

寒空の中、ナンパ師たちが雑談を交わす。



ムズと別れてミル吉とサンジ邸で飲むことに…
地元駅に到着してBARで飲んでると電話が…

ナツからだった。
電話の向こうで泣きながら喋るナツ。

俺「どうした?」

ナ「ダメだ~ノックアウト!ツライ…」

俺「何かあったの?」

ナ「・・・」

俺「家に行こうか?」

ナ「終電無いでしょ?」

俺「白馬の王子様が行くから待っとけ!」

ナ「でも…」

俺は電話を切ってミル吉を呼ぶ。

俺「ミル吉!ナツがヤバイ!今から行くぞ?」

ミ「はい!わかりました!」

人は何故、寂しくなるんだろう…

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました