ようこそゲストさん
ログイン

■2002/03/11(月)貧富な教養~海外旅行日記編(1)~!の巻

■2002/03/11(月)貧富な教養~海外旅行日記編(1)~!の巻

トモミ@と一緒に海外旅行へ行く。

場所はアメリカンのニューヨーク!

俺の昔から行きたかった場所!

目的としては…

●ギャラリー巡り

ニューヨークのアートシーンは独自。
ビデオアートやインスタレーションも多く、
フランスや日本と違ってビジネスとして成り立っている。

俺の本業は芸術家であるし職業としては不安定だと思う。

でも海外では尊敬される職業の1つであるのに、
日本では、音楽業界&デザイン業界以外での芸術て職業では
生活するのは厳しいのが現状だ。

根本的なアートに関する考えが日本と海外では異なると思う。

●ツインタワーなどの観光

テロ半年記念ツインタワーセレモニーの日に旅立つ。

皆さん知ってると思うがニューヨークのテロで、
何千人て人達が死んだ。

1人1人の色々な思いがあるが、ある日突然死ぬんだよ?

よく俺は人から『生き急いでる』て言われるんだけど、
俺としては『死ぬ準備をしてる』てのが本心なんだよね。

明日死んでも悔いの残らない生き方を俺はしたい。
その為に【自分の欲望】には正直に生きていたい。

やりたい事は全部やったかもね?
金も権力も裏社会も見学できたし。

本当の意味での【幸せの価値観】も理解できる気がする。

俺は金より愛を選ぶ男なんで。
そして何より自分の欲望を優先する男なんで。

その生き方の存在証明としてサンジて人間が存在すると思う。
今の俺の達成したい欲望は1つだけだから・・・

●クラブでのミュージック内容

フランスに行ったときに、
有名会社Sの社長令嬢のマンションに泊まってたのね?

そんで一緒にクラブに行ったんだ。
そのときに紹介された男性が元ジャンキーの人。(笑)

その人は世界中のクラブ行って
ドラッグを集めるのが趣味な人でさ~

ニューヨークのドラッグデビューは早いて話をしてたの。
中学生とかがクラブでドラッグやって死んだりしてる。

そしてクラブの音楽もトベルように、
クラシックとトランスを合わせDJがいるて聞いたんだ。

今のニューヨークのクラブは安全になったて聞いてたけど、
間接的でもイイからニューヨークのクラブを観察したかった。

●エロ関係

フランス行った時もエロは経験しに行った。

サンジ=エロ この公式は有名じゃん?(爆)

フランスでは、危険て言われたけど
ストリップやエロショップとかに行った。

今、日本でキャッチやってるけど
海外の風俗にも興味があって調べたかったんだ。

俺は偏見や差別が大嫌いな性格なんで、

エロ=下等 て思う奴が嫌いだ。

だからエロに対して正しい知識や、
奥の深さなどを伝えたいて真剣に思う。



こんな感じの目的でニューヨークに行った。

日本時間:PM2:00成田発

飛行機の気圧の変化が苦手なんだよね?>サンジ
めちゃくちゃ頭が痛くなるんだよな…(泣)



13時間後:NY(ニューヨーク)到着

俺『頭痛いよ…』
ト『大丈夫?』

んでホテルまでバスに乗って行く。
サンジの目の前に座ってるのは…



ヤンキー親子!(笑)



パンチパーマにサングラスの子供!



ズボンはボンタン!



俺『さすがNYだね?』
ト『関係ないから!(笑)』

ホテルに到着したのは夕方だった。

安いホテルなんでハーレムの近く!

【ハーレム】てスラム街で危険地帯て言われてるけど、
人通りの多い通りはそんなに危険でもない。

宇多田ヒカルの通う【コロンビア大学】もあるしね?(笑)

でも運悪く流れ弾に当たって亡くなる通行人、
貧しい母親に捨てられて命を落とす赤ちゃん、
昼間ですら一瞬の隙をついてレイプされる女性もいる。

これも事実だし貧困地区(スラム)て場所の宿命。
裕福だとわからないが、貧困地区に生まれる=危険
こんな公式すら生まれるのも事実なんだよね…

俺が幼少の頃、
貧困地区(スラム)みたいな場所に住んでたときがあって、

親が子供に【当たり屋】(交通事故に見せて金を取る詐欺)
させてたりとか、朝鮮人の売春地帯とかもあった。

そこの子供達といつも遊んでた。

サンジ一家て異端児家族だからさ~
サンジパパ&ママも一緒になって遊んでた♪

俺の父親は当時ギャンブラーで無職だったから
魚釣りしたり落とし穴作ったりして遊んでた♪

俺の母親は近所の子供達が『夜に親がいなくて怖い』
て言ったら人形を作ってあげてたりしてた。

でも環境て恐ろしいもんで小学生が普通にSEXしたり
家にグループで泥棒して金盗んだりするのも普通だった。

皆、学校なんてほとんど行ってないから
俺の家で母親が子供達に勉強教えてた。

母親が絵本を読んで教養を身につけさせてた。

【当たり屋】させられてた男の子が、
『ツバメと王子』て絵本を読んでもらって泣いてた。

目玉が宝石の王子の銅像と渡り鳥のツバメの話。

どこかの町に王子様の像があった。

この像は目や王冠に宝石がちりばめられ、
像そのものも金箔で覆われていた。

秋も終わりにさしかかるころ、
この王子様の像に一羽のツバメがやってきた。

王子様はツバメに言う。

『私はこのように立派な身なりをしているが、
この国の者たちに何ひとつしてやることができない。
ツバメ君、私の王冠の宝石をはずして、
貧しい人たちに分け与えてくれないか?』

ツバメは、王冠から宝石を取り外して
貧しい人の家々にそれを配った。

しかしそれでも、まだまだ貧しい人は大勢いた。

そのことをツバメは王子様に報告しに行った。

王子さまは、

『それなら私の目をもっていきなさい、
私は目が見えなくなるが人々の喜びになるのならそれでも満足だ』

ツバメは王子様の像から目を取り外し、それを人々に配った。
しかしそれでも貧しい人はたくさんいた。

ツバメが王子様のもとに戻ると、王子様は、

『私は目が見えないのでわからないが、人々は豊かになったのかい?』と、ツバメに訊いた。
 
ツバメはこの国にはまだまだ貧しい人が多いことを話した。

すると王子様は『じゃあ、僕のからだを覆う金箔を剥がして人々に分け与えなさい』と言った。

ツバメは王子様の像の金箔を剥がして、人々に配って回った。

そしてついに、貧しい人はいなくなった。

そうこうしているうちに、季節は冬になってしまった。

王子様の像は、
飾るものが全てなくなり、
ただの銅像になってしまった。

ツバメは、南に渡ることができずに、王子様の像の横で息絶えた。

この国の人々の笑顔とひきかえに…

その男の子は、この話が大好きで
毎日読んでもらう為に家に来てたのを覚えてる。

子供達は【教養】を身につけて【盗みが罪】て事を学んでいった。

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました