ようこそゲストさん
ログイン

■2002/09/10(火)何でもない男女の何でもない恋愛!の巻

■2002/09/10(火)何でもない男女の何でもない恋愛!の巻

2001年、ナンパ師になったあの日。

俺『2年!待ってて…何か結果だすから』

Y恵にそう告げて冷却期間をおいたあの日。

女心とは?
恋愛とは?

その『答え』が知りたかった。
納得できるまで『女性』を知りたかった。



PM6:00 渋谷で待ち合わせ。
『あいかわらずだね?』と声をかける女性。

Y恵だ…今年30歳の女は思ったより老けてた。

俺『あ!ヤバ!NYの、おみやげ忘れた!』
Y『ドジなところも、あいかわらずだね?』

今年NY旅行したときの、おみやげを忘れた。
もちろんプロデューサー娘と行ったのは秘密。



喫茶店でサンドウィッチを注文する。
何でもない会話をする何でもない男女。

Y『太った?』
俺『うるせーなぁー』
Y『髪伸びて頭デカク見えるよ?』
俺『何?イジメ?ねぇイジメなの?(笑)』
Y『オバサンになると素直な感想言うのよ?』
俺『自分が言われたら嫌なくせによ~』
Y『私も太ったもん、知ってるもん~』

駆け引きしてるのぐらい見え見えだ。



映画館に向かう途中、のびを見かけた。

俺『あそこの白スーツの長身男どう思う?』
Y『んー、別に興味ない』
俺『ははは、あのイケメン君、友達だよ?』
Y『あー、そうなんだ?』

すぐ横を通ったけど気がつかなかったね?>のび

そして【映画オースティンパワーズ】を見に行った。

何でもない男女2人は映画を見るのが好きだった。
映画を見ながら手を握りたかったけど握れなかった。



映画が終わりBARに誘う俺。
お腹が空いたからと居酒屋に誘う彼女。

【ペースVSペース】自分の領域で勝負が決まる!

『居酒屋えん』に行くことにした。
Y恵のペース領域で恋愛勝負がスタートする。

Y『サンジとの関係も長いよね?』
俺『もう出会って3年目だしなー』
Y『出会ったときは21歳だったけ?』
俺『そんぐらいだね?若かったねぇー』

【SEXの味】は知ってても、
【恋愛の味】は知らなかった。

そして『禁断の味』を知ってしまった…

俺『2年待っててて言葉、覚えてる?』
Y『あのときは私なりに悩んだのよ?』

俺は【恋愛貯金通帳】を取り出した。

本作ったり…
個展したり…
AV作ったり…
取材うけたり…
スカウトやったり…
悩み相談をしたり…
パティー仕掛けたり…
スポンサーつけたり…
講習会を開講したり…
サイトデザインしたり…
エロサイト運営したり…
地酒のプランニングしたり…
クラブのチケット売ったり…
ナンパプロデュースしたり…
アーティストの構成考えたり…
ブリーダーの犬小屋企画したり…
メディアからギャラもらったり…

そんな恋愛貯金総額金額は…***万円!

これが俺の結果。
恋愛貯金の成果。

目に見えない愛情と
目に見える愛の形だ。

俺『結婚したくて溜めた金だ』
Y『・・・凄いね』
俺『誰よりも幸せにする自信はあるよ』
Y『私て最低な女よ?今の彼氏だって…』

Y恵が静かに語りはじめる。
この2年間3人と恋愛したそうだ。

1人目は、30歳の学生。
今は海外に留学に行ってしまったそうだ。

2人目は、26歳の男性。
前彼の後輩で、逃げたくなって別れたそうだ。

3人目は、30歳の幼馴染み。
小学生からの同級生。腕がタトゥ-だらけの男。

Y『結局2人目が良かったかなぁー』
俺『Σ(-_-;) で!俺は、ムシかいな!』
Y『付き合ったら、いつか別れが来るじゃない?』
俺『それを飽きないように…(略)』
Y『今のままなら、ずっと君と一緒にいられるからさ』
俺『でも、お前、結婚適齢期だろうが!』
Y『まだ結婚しないもーん』
俺『タイムリミットは近いだろうが!』
Y『はい、アーンして?(食べ物を口に運ぶ)』
俺『ん、アーン♪…て、話しの腰を折るな!(/>□<)』

Y恵と出会って3年。
20代前半で出会った俺も
20代中半になろうとしてる。

【経験VS経験】…泥沼恋愛。
何でもない男女は何を学んだんだろう?

1000人以上の人間と出会い。
650件以上の電話番号を聞いて。
100人以上の女性をナンパで抱いた俺の経験。

『私はサンジを育ててるのよ?』口癖だった。

『俺は育ったんだよ?』そう心で思うと…
『認めてもらいたいんでしょ?』彼女は言う。

お前は、寂しいから逃げてるだけ。
安定も刺激も両方欲しいんでしょ?

なぁに?その笑顔は?
お前は本気で恋愛しているのか?
人生半世紀一緒にいる相手を探せるか?

そんなに、そんなに、そんなに、そんなに、
【恋愛ゲーム】…ギリギリまで楽しみたいのかい?



Y『サンジは私と同じで自分が強いんだよね?』
俺『まぁ、似てるよな?』
Y『甘えられないんだよね…』
俺『それは、昔の俺だからだろ?』
Y『うー、そうかもね?』
俺『30年間、自分を振り返ってみなよ?』
Y『ん?』
俺『全員1年以上付き合ってないだろう?』
Y『まーねー』
俺『結局は、俺が1番長かっただろ?』
Y『そうだけどねー』
俺『無いものねだりしてるだけだよ?お前…』
Y『んー』
俺『Y恵が鵜飼いで俺が鵜だってお前言うてたやん?』
Y『うん』
俺『なら逆に、お前が猛獣で俺は猛獣使いだよ!』
Y『猛獣ですか?私?』
俺『お前みたいな猛獣女は俺にしか扱えないよ?』
Y『彼氏は、皆、私を許せないて言うけどね?』
俺『最後は俺を選ぶと思うんだよなぁ~』
Y『わぁお!凄い自信だこと!私のドコがいいの?』
俺『遺伝子が呼び合うんだよなー』
Y『実は他に2人ほど結婚申し込まれてるんだよね?』
俺『あいかわらず、魔性だよな?』
Y『なーんでモテモテなの?私て?』
俺『わかってるくせによ!』
Y『わかんなーい』
俺『まぁ、もって後、2~3年だな?』

2~3年後、俺は27~8歳だ。
2~3年後、Y恵も32~3歳だ。

まだ俺は若い。
まだ待てる年令だ。

俺にはまだ時間がある。
お前のタイムリミットはもうすぐでしょ?

誰と結婚するのかね?(`ー´)イヒヒ

まぁー、気長に待ちますよ。(仮)
あいかわらず俺は1人だし。(笑)



俺『ちきしょー!お前のペースだよ!』
Y『うふふふふ♪』
俺『今年中に決着つけようと思ったのに!』
Y『しばらく今の関係でイイじゃない?』
俺『まーた、来年も泥沼かよ!!』
Y『うふふふふ♪よろしくね?』

悪魔のような笑顔を見せる彼女。
そうやって男を堕落させるんだよな。

【Y恵VSサンジ】…泥沼恋愛。
何でもない男女の何でもない関係。

病んでない女はいない。
病んでない男もいない。

病んでる。それでいい。
それでも男は女を求めて生きている。
それでも女は男を求めて生きている。

求めてる限りは『エゴ』なんだよな?

【エゴ=自己満足】

人はソレを『恋』と呼ぶのかもね?

そして愛。
無償の愛。

愛してる。その事実が存在してること。
それが『愛』と呼べるものなのかも知れない。



Y『やっぱ私、太って見えるかなぁー?』
俺『(;--)やっぱ気にしてんじゃねーかよ!』

そう言って彼女に突っ込む俺。
他人が見れば仲の良いカップル。

実際は、何でもない男女の何でもない恋愛関係。
何でもない2人は帰りに手を握って駅まで向かった。

Y『じゃあね?』
俺『ん?キスは?』
Y『しないもーん♪』
俺『してやるもーん♪』

壁に寄りそいキスをする男女。
他人が見れば仲の良いカップル。

Y『あいかわらず強引ね?(笑)』
俺『お前見てたら発情するんだよ!』

そして仲の良い男女は、
別々の電車にのり帰って行った。

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました