ようこそゲストさん
ログイン

■2004/09/24(金) ズルイ女はイイ女!の巻

■2004/09/24(金) ズルイ女はイイ女!の巻

今、別れないともうチャンスはない…

おそらく一生ドロ沼であろうと直感が走る…

俺の首には鎖がかけられてる。

6年間1度も外したことのないネックレス。

それは、Y恵が俺にプレゼントしてくれたもの。

最初に会ってはじめて祝ってくれた俺への誕生日プレゼント。

『1人じゃないからね』

そう言って俺の首にかけ、

彼女も同じネックレスを首にかけた。

四葉のクローバーのネックレス…幸せを目指して生きる証だそうだ。

世界に2つしかないネックレス。

世界で2人しかもっていないネックレス。

それは彼女が俺の為だけに作ってくれたネックレス。

手作りの【四葉のクローバー】のネックレス

そんな6年間1度も外したことのない

ネックレスを外してみた。

『別れるんならこれを返そう』

そう思いY恵に会いに行った。

彼女は【鵜飼】で俺は【鵜】…

この鎖を外して飛び立とうかと考え中。

この日はY恵の誕生日を祝う予定だった。

もちろん店も予約してあった。

一緒にプレゼントでも買おうと思ってた。

いつもの場所で待ち合わせ。

女「おまたせー」

俺「おう」

女「ねーねー靴買っちゃった♪どう?」

俺「いーんじゃん?お前らしいよ」

いつもと同じ会話。

でも手をあえて握らなかった。

いつもと違う展開。

予約まで時間があるので適当に街をぶらついた。

『今日で最後なのかな…』

そう思うと俺は彼女に何も買ってあげられなかった。

1時間も街をぶらついてから予約してた店に向かった。

席につき、お酒を注文して、彼女の最近の話を聞く。

「焼肉屋に一人で行ったら~(略)」

「今、見たい映画わぁ~(略)」

「今年の冬はピンクのファーが~(略)」

いつもと同じ会話。

いつもと同じ会話。

いつもと同じ会話。

そして俺は呟く…

俺「電話だとすぐ怒るくせに逢うと普通なんだよな…」

女「それはアナタでしょ!?」

俺「お前だろ!」

女「アナタ!」

俺「お前!」

意味不明な押問答。

俺「すぐ「もう会わないわよ?」とか言うしさ…」

女「そう言わないと頭冷やさないでしょ?」

俺「お前がいなくなると思うと不安なんだよ!」

女「いなくならないから私ゎ…ずっと一緒」

意味のある押問答。

ずっと一緒…彼女は自信たっぷりに俺に言い続ける。

なぜだ?

なぜだ?

なぜだ?

その自信はどこからくるんだ!?

俺「なんで絶対いなくならないって言いきれる?」

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました