ようこそゲストさん
ログイン

■2004/10/19(火) 笑いの教科書!の巻

■2004/10/19(火) 笑いの教科書!の巻

そろそろY恵の声が聞きたいが、
電話しなかったら掛かってくるんちゃうか?

なんて思ってたら予想通りにかかってきて…

俺「あいかわらず絶妙なタイミングで恐れ入ります(--;」

と、転がされるのもまた良い感じの度Mのサンジです。(笑)

自分の中でナンパモードと仕事モードみたいなスイッチがあんのよね。
そのスイッチが【ON】じゃないと絶対にナンパしないんだよね…ボキュ。

逆に仕事とかも同じで【ON】じゃないとモチベが上がらない。

自信は1度身につけると続くものだけど、
モチベはエンジンみたいなもののように感じる。

とりあえず仕事の取材帰りに街をみながらそう思った。(アンニュイ)



えーと今日は、前々から告知してたように
『島田伸介』について書きたいと思う。( ´∀`)

そーそー、俺は自他共に認める「お笑い」好き♪

島田伸介は、B&Bの島田洋七に弟子入りしたんよね。
ちなみにB&Bってコンビは2ビートと人気を二分してた。

2ビートは、現在の「ビートたけし」がいた漫才コンビね。

島田洋七の漫才の凄さは、テンポとスピード。
そして、ギャグを生み出して流行を作るという計算。

現在の「お笑い」の基盤となっている。

島田伸介は、この洋七の漫才を1年間かけて分析したそうだ。

B&Bの漫才や洋七のトークを全部録音して紙に書き出す。
そして、どういったシステムで笑いがおこるのかを分析する。

こうして洋七の漫才を自分流に変換させて売れたわけだ。

これと、まったく同じ事をしてたのが…明石屋さんま。

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました