ようこそゲストさん
ログイン

■2006/01/02(月) エンターティメントな法則!の巻

■2006/01/02(月) エンターティメントな法則!の巻

新年早々、母方の爺さんの体調が悪いそうなので実家に戻る。

こちらも90歳すぎてるし、
そろそろ覚悟はできている。

プチ寝たきりなんで、
母親が面倒みないとアカン。

まぁ、そこらへんも話聞いてあげないと、
おそらく家族としてのストレスがたまるはず。

いろんな部分で大変だな(´Д`;)

もっと仕事頑張って、いろいろなものの支えにならないと。

今日ある家庭がいつ崩壊するかなんて、
明日、明後日のことなど誰にもわからないわけだ。



実家に戻る。

別に実家と行っても、ここ数年で引っ越した家。
俺の部屋なんか、まだダンボールだらけだし。(汗)

もう人生で何回引越したのだろう?

などと思いながら、アホみたく資料のつまった押入れを開ける。



さて、この封印をそろそろ解くときがやってきた。(笑)

今でこそ『手帳に目標を書け』とか流行ってるけど、
俺は小学校の頃からノート書いて分析してた。

○○ゴッコとかして遊ぶのだって、この延長だ。

なんてことはない。

子供の頃に誰もがやってたことを
現代では難しい言葉で語ってるだけ。

机上だけでは意味がない。
本に依存しても意味がない。

それをヒントにどう飛躍するかだ。
机上で感じたその感性を経験に生かすんだ。

エンターティメントとは何なのか?

人が絶望の淵に立たされても、
希望を与えられる唯一の楽しみなんじゃないのか?

人生リタイアしたら何をしますか…

車か?家か?旅行か?
でもそれって虚像だろう。

あなたがゆっくりと楽しみたい映画だって

それは誰かが頑張って作ったものなんだよ。

あなたが乗りたい車だって

それは誰かが頑張って作ったものなんだよ。

全部、誰かが一生懸命働いて作ったものなんだよ。

世界中の人が全員リタイアしたらどうなるんだ?
通貨という共通価値観がインフレおこすだけなんだよね。

だとすると。

あんまリタイアとかって幸せじゃないんじゃないかなと。

裕福になっても満たされない。
だって最後に求めるのは楽しさだから。

小さい頃って夢中じゃん。
好きなことに夢中になれる。

近所の空き地でやった探検ゴッコでもいい。

それは最高のエンターティメントだった。



その気持ちを忘れちゃいけないような気がする。



続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました