ようこそゲストさん
ログイン

■2006/01/23(月) LOVEドアショック!の巻

■2006/01/23(月) LOVEドアショック!の巻

今日はY恵とデート。
「直接、家行っていい?」とのこと。

部屋を片付けながら家で待つことに。
音がいないもんで部屋汚いんですよ。(笑)

夜にY恵が到着し、近くのBARで食事する。

俺「最近まで音が暮らしてたんだよ」

女「そうなんだ?今は?」

俺「試験勉強でニャンニャンオフィス(笑)」

女「部屋広いから寂しいんじゃない?」

俺「一緒に暮らすか?」

女「ちゃんと鍵閉めてね(笑)」

不思議なもので、
もういなくならないような気がする。

きっと俺が大きくなったのだろう。
前に進み追いついて、そして追い越そうとしている。

彼女の会社は自社ビルを建てるそうだ。
都内一等地。どこまでもお嬢様な彼女。

昔の俺は裕福な人間は嫌いだった。
苦労を知らない人間が嫌いだった。

でも人は、誰だって目に見えない苦しみを持っている。

しょせん虚像。
隣の芝は青いだけ。

今は、よく理解できる。

彼女というモンスターを生み出した、
親の会社もまたモンスターなのであろう。

そんなモンスターに育てられた俺。
そんなモンスターに立ち向かった日々。

なにを目指したわけでもない。
いつのまにかにここまできた。

女「友達に2人目の子供が生まれるの」

俺「お前は子供欲しいの?」

女「育てる自信ないし障害産まれそうだよね…」

俺「40歳になって1人なら俺と結婚するんだろ?(笑)」

女「そしたら子供産めないねぇ…」

俺「大丈夫!俺の遺伝子強いから」

女「たしかに。でも私の身体がもたないかもね」

子供が産めないかもしれない彼女。
誰よりも病弱で誰よりも元気な彼女。

俺「Y恵の望むようにしたらいいさ。俺は全てを受け止めるからさ」

別に、何も怖くなんかなかった。
きっと歳を重ねてもこの気持ちは同じだろう。



続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました