ようこそゲストさん
ログイン

■2006/05/01(月) 表裏一体の真実!の巻

■2006/05/01(月) 表裏一体の真実!の巻

この日はY恵が来る日。

ちょっとした通い妻状態だが、
実際に仕事もしてもらわないと( ´△`)

俺「お前、デジカメ持ってる?」

女「うん、あるよ」

俺「じゃ、持ってきてくれ」

つーことでデジカメを持ってきてもらうことに。
もちろんY恵にナンパしてることは内緒である。

今日までに数日かけて部屋も片付けた。(笑)



俺が掲載されているナンパ関連の雑誌も押入れ!(-o-)y-~~

ダンボールに詰まった俺の羽目鳥ビデオも押入れ!(-o-)y-~~



さすがにこの前みたく雑誌読まれた日には、
めちゃくちゃ焦りまくりですからな。(--;

実際、今の俺は考えないように行動してる。

今考えると悩み動けなくなるからだ。

死ぬほど惚れた女と一緒にいたい。
その願望は叶えつつあるのはたしか。

「もしかして他に男がいるのでは?」
「もしかして他に女がいるのでは?」

お互いに心の裏ではそう思ってる。

だから深くは問わない。
傷つきたくないからだ。

いつかこの「もしかしたら」の疑問がとれる日がくるだろう。

彼女も俺も気持ちはわかってる。
そしてこの先にある目標もわかってる。

職業…ナンパ師。

天職なのかもしれないが転職を考える男。

Y恵がデジカメをもって事務所にくる。

俺「なんか大きくない?このカメラ?」

女「普通のカメラっぽいデジカメなのよ」

俺「じゃ、古いんだろう?大きいし」

女「そんな古くないわよ」

俺「あれ?なんかフィルム入れるとこが…(汗)」



女「キャー!間違った(>w< )」



俺「はっははははは!やっぱ面白いわ!お前!」

久しぶりに本気で笑えた。
こういう天然なとこもいいとこだ。

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました