ようこそゲストさん
ログイン

■2006/08/10(木) サンジの人生相談その3!の巻

■2006/08/10(木) サンジの人生相談その3!の巻

お名前= セイ
性別= 男性
年齢= 30

はじめまして、サンジさん。突然ですが、ご相談です。
私は、この年齢にして初めて友人に誘われてストに目覚めた男です。

出会い系や飲み会などでは
それなり(といっても50弱程度です)に

ゲットしてきましたが、自分の足と目と感覚で、
最初から自分の好みの人を探したいと思いまして・・・

地元は絶対的な人口が少なく、
主に京都や大阪に出てストをしています。

数回やってみたのですが、次に述べるような壁が
どうしても取り払えず、なかなか開放的になれません><

元来が人見知りする性格のせいか、第一声から
どうしても躊躇して地蔵してしまうクセがなかなか直りません。

明らかにキツそうなギャルや美人過ぎる人が通ると、
目を合わせることすらままならない状態です。

10代の子などとコンビをすると、自分がオジサンなんじゃないか、
ってついつい自意識過剰になってしまいます。

コンプレックスが強すぎるんでしょうか・・・

私のプロフですが、顔は普通(かっこいいともブサイクとも言われません)

身長は182、勉強ばっかりしてたんで
ファッションセンスや話題性はちょっと乏しい、

公務員なんで少し頭固いかもです。

主に誠実系でやっています。というより、
アップ系になれません><

こんな私が、普通にソロができる程度に
頑張れるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

何かアドバイスをいただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

まず、人見知りする性格とナンパは関係ないです。
なぜなら俺も、人見知りだからです。(笑)

人見知りも治るかと思いましたが治りません。

美容室は恥ずかしくていけませんし、
ズボンの試着も恥ずかしいから店員呼べません。

では、

一生、髪を切らないのか?
一生、ズボンは履かないのか?

もちろんそんなことはありません。
「できない」と考える前に【打開策】を考えるのです。

つまり、

「できない=NG思考」
「どうすればできるのか=OK思考」

まずはOK思考に自分を追いこまなければなりません。
そのためには、何をすればいいのか考えなくてはなりません。

■髪を切る打開策———————-

なぜ美容室が恥ずかしいのか?

①営業トークがダルい。
②かといって無言もダルい。
③思い通りの髪型にならないのもダルい。

自分で髪を切るにはどうすればいいか?

①切り方の本を購入。
②専用のハサミを購入。
③自分の髪の特徴を把握。

美容師は自分で髪を切る人が多いことが判明。

自分で自分の髪を切ることは人に自慢できる行為。


このようにいっけんマイナス思考に思えた人見知りも、
打開策を見出すことによりプラス思考に変換できます。

これは、『ズボンの試着』も同じです。

試着するのに店員を呼ぶのが恥ずかしいなら、
誰かと一緒に洋服を買いに行けばいいのです。

店員を呼んで、その後の営業トークが嫌なら、
一緒に行った相手に似合うかどうか聞けばいいのです。

ちなみにズボンを1人で購入したことは1回もありません。



『人見知りだからナンパに躊躇する』

先ほどのことを前提に考えてみましょう。
何にたいして躊躇するのか?ということです。

いただいた相談内容から分析するとこうなります。

①無視されるのが怖い
②罵声を浴びせられるのが怖い
③自分の年齢が気になる

まずナンパをする前に①~③の問題点を
克服するのが先なわけです。

【打開策】を考えて見ましょう。

キツそうな美人やGALに、
無視も罵声もなく会話できる方法を考える。

これが答えです。

では考えて見ましょう。



続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました