ようこそゲストさん
ログイン

■2020/10/27(火) 【レビュー】荒波じゃ~嵐がくるぞ!の巻


【レビュー】■2001/02/04 (日) 荒波じゃ~嵐がくるぞ!の巻

この子は、とんでもない金持ちの社長令嬢なわけだが、「親の決めた枠から抜け出したかったけれど、抜けれなかった」みたいな事を言ってたね。

この数年後に、親の決めた相手と結婚したんだけどさ。

本当に俺のことが好きなら、立ち向かわないと。
それがないから、その気持ちは錯覚だと俺は言ってたんだよね。

彼女は金持ちの自覚がないんだ。
金の無い自分を想像したことがない。

例えば、俺の学生時代の同級生とかって
親が貧乏で子供(同級生)を他の家に売り飛ばしたりしてるのね。

もう二度と会えないからね彼。(汗)

まぁ、最後に個人的にプレゼントをあげたけどさ。

幸せってなんだろう?
愛情ってなんだろう?
家族ってなんだろう?

ず~~と、そういう事を
考えて生きてきてるんだ俺。

そして、そうした答えを自分なりの方法で出すために立ち向かってる。

こういう部分が理解できてないとダメなんだ。
俺という人間と付き合うということは、そういうことなんだよ。



俺は、今でも仕事の売上の一部を寄付とかにまわしてるんだよね。

これ、日記でもあとあと書いてるんだけれど、
生涯賃金をできるだけ早く稼いで、

それ以降に稼いだ金は寄付とか世のために人のために使うという目標があったんだ。

ただ本当は根本的なシステムを変えたいの。

いろいろなNPO法人とかに寄付してみてわかったのだけれど、寄付してくださいって内容のダサいパンフレットを送ってくるんだよ。

その費用を寄付にまわせよ!っていつも思うわけ。

同じパンフレットなら、俺の日記とかナンパグッズが送られてきたほうが読者は嬉しいだろ?(例えばとして)

要するに需要と供給もおかしいし、前々ワクワクしないんだ。

<三方良し>になってないんだよね。

10年前に、俺はNPO法人作ろうとしたんだけれど、
人数がたりなくて断念したんだ。(登録人数が国で指定されているため)

特に親のいない子供とかに支援したいんだけどな。

この世が地獄なら、自分の手で楽園つくるしかねーだろ。
そういう事を伝えないと。希望あたえないと。

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました