ようこそゲストさん
ログイン

1980年~幼少期編

はじめに

このコンテンツは、

幼少期からはじまり、
ナンピース日記に通じ、

そして現在の俺を結ぶ物語となる。

プライバシーの問題もあるので、名称は変更しているが、、、

これから執筆する全ての物語は実話である。

Sanzi

■第1話:交通事故死

ガシャーーーン!

大きな音とともに
見知らぬ車が突っ込んできた。

気がつくと、俺の父親は全身に
ガラスの破片が刺さり気絶していた。

妊娠中の母親は、俺を守るように
身を挺して覆いかぶさっていた。

俺の年齢は3歳。

物心というものがつく瞬間が
あるとしたら、

俺の記憶はここから
記録を開始したといえる。

家族で信号待ちをしていた車中。
対向車線から自動車が向かってきた衝突事故。

時代はバブル経済が始まろうとしていた昭和。

エアバッグもドライブレコーダーもない世界。

さいわいにも俺と母親に怪我はなかった。
後日、この交通事故は裁判に持ち越された。

「奥さんなら裁判に勝てるかもしれません!」

弁護士が俺の母親にそう言い放つ。

3歳の俺には意味がわからなかった。
しかし大惨事であることは理解できたし、

なにより母親は3歳の俺にも、
大人と同じように状況を説明してくれた。

そもそも裁判で運転手の証言などとれるはずもない。

父親は大怪我をして意識不明の入院中。
衝突してきた車の運転手は…

即死だった。

母親は幼子である
俺の手を引いて裁判所に向かう。

俺たち家族は車中で
信号待ちをしていただけ。

ただそれだけなのに、
それを証言しなければならない。

「私の、お腹の赤ちゃんも亡くなりました。」

そう。母親は妊娠していた。

死亡したのは相手側だけではない。

俺にできるはずの弟は、
この世に誕生することもなく事故死したのだ。

これは俺の物語。

伝説のナンパ師と呼ばれる、遥か以前の物語。

------------ この続きをみるには -------------

この記事は会員専用です。会員になるとお読みいただけます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました