ようこそゲストさん
ログイン

■2020/12/19(土) 【レビュー】読者様初面接!の巻


【レビュー】■2001/03/10 (土) 読者様初面接!の巻

>俺はすぐマミとプリクラ撮りに行く。
>そしてキス。マミ騒ぐ騒ぐ!(笑)

>ムズ君がクマはNG言うんで放流。この子らも新幹線の時間なので帰る。

昔は、カラオケ以外にもプリクラ連れ出しは主流だったよね。

スペック確認の記念になるし、
短期密室でプチギラかまして反応みれるからさ。

このときはプリクラ撮影しながらキスしてたわけだけど、
女の反応がすこぶるよかった。

ムズが引き離ししてくれないから、
とりあえず放流してしまったけど、

こりゃ確実いけてたのにもったいない…

ちなみにムズは、ルックス重視派(いわゆる「質」系)
モデルとか、そういうのと付き合いたくてナンパしてる人で、

経験人数も2人ぐらいと、とても少ない。

ムズは好みじゃない限りはGET目的ではないので、
俺と連れ出しても、俺だけHしてて隣で見てるという事さえあったからね。

ちなみに俺は、人の好みなど、
時間経過とともに変化すると思ってて、

というか実際そうなのだけれど、
若い頃に好みと思ってても、
好みのタイプや嗜好は年齢とともに変わってくる。

だから後悔しないように、
あらゆるタイプを口説き落とすということは必要だと思う。

>栃木のマミから電話がある。実はサンジのコトが超好みのタイプらしい!

>マミ「もう少し早くナンパされてたらよかったのに。。。」

>俺「今度東京来たら電話しな。遊ぼうよ?」

んで、家に戻ったら電話でこの会話だからね~
いまみても、もったいない!

>マミ「覚えてナイでしょ?私のコトなんか?」(正解)
>俺「絶対覚えてるよ!頭に焼き付いてるぜ!」(エロの紋章が)

20年後に思い出しましたとさ!(笑)

続きは会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみログインすれば閲覧することができます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました