ようこそゲストさん
ログイン

2007~2019年:空白編27

ある日、ランコと待ち合わせをしようとしてたときの出来事。

「病院の検診にいってから連絡するねー」

定期健診。いつも通り、明るいあいつがいた。

しかし、それが最後だった。

癌が再発した。

彼女は、とりあえず田舎に戻ることになった。

そして、しばらくして次に俺が連絡をとったさいには死亡してた。

享年24歳。
とにかく早かった。

年末に企画してた3億円パーティーには間に合わなかったのだ。

俺は、呆然とした。

パーティーじたいは、開催したが、
何のためのパーティーか目的を見失った。

男も女も見ててアホくさくなった。

それからすぐに、芸能業界の仕事も、辞めた。

ナンパも、連絡取れる生徒をいっきに集合させて、
年末にルイーダの酒場で忘年会をして、それ以降は、誰とも会わないようにした。

ナンパで即っただの、GET数がどうだの、
もう聞いてるだけで、ランコを思い出して嫌になってきたからだ。

大量にあった新規の女との連絡先も全部削除した。

生きたくても生きれなかった女がいる。

「どうせ人はいつか死ぬんだから」

俺の中で、何かが変化してしまった。
価値観のターニングポイントが発動した。

だから、
ランコのぶんまで、
俺は人生を生きようと決意した。

全てをもう一度リセットして、新しい道を築かなければならないと思ったからだ。

------------ この続きをみるには -------------

この記事は会員専用です。会員になるとお読みいただけます。

既存ユーザのログイン
   
タイトルとURLをコピーしました